• ホーム
  • 性病の感染法ごとの予防クリームが市販されています

性病の感染法ごとの予防クリームが市販されています

2019年07月12日
危険なウィルス

日本人の性行為について低年齢化が進んでいると言われており、性病が増えていると考えられています。
代表的な性病としては、カンジダ症や尖圭コンジローマなどを挙げることができます。
カンジダは元来、人間の口の中や性器などに生息しているものとなりますが、疲労やストレスによって免疫力が低下したときに増殖することがあります。
カンジダ自体の正体としては酵母カビの一種で、膀胱炎やクラミジアの治療によって抗生物質を服用したときに症状があらわれることもあります。

カンジダの感染法としては性行為が考えられますが、近年の性行為においてはオーラルセックスを行うカップルが増えていることも原因と言えます。
感染法として性行為があることから、カンジダを発症しているときにはパートナーについても一緒に医療機関で検査を受けることがおすすめとなります。

かゆみや皮膚炎がひどいときには、医療機関でオキシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬を処方してもらうことで治療できます。
医療機関を受診する以外でも、カンジダ症に有効な市販薬も存在していることから、性病の予防クリームを購入することが可能です。
性病の予防クリームとしては、トラボゲンクリームやケトコナゾールクリーム、カネステンクリームなどがあります。
これらの予防クリームは抗真菌製剤となっており、性病の感染法を防ぐことができます。
性病の場合には、医療機関で治療を受けることが恥ずかしいと感じる人も少なくないために、市販薬を使用することも有効な方法になると言えます。
検査を受ける方法としては、検査キットの販売を行っている事業者のサービスを利用することで、自宅で検査をして郵送することで調べてもらうことが可能です。

関連記事
性病体験の口コミをチェック

性病を体験した方は、性病自体で苦しんだ経験をしているケースは余りありません。その多くの方の口コミが、あまり症状がなかったというものでした。その理由は性病の症状が病気によるものであると気づきにくいという事にあります。例えば、最も罹りやすいと言われるクラミジアは、女性の八割、男性の二割から五割が無症状で

2019年06月10日
全身症状が出る性病のaidsの初期症状は発熱や鼻水

性病の多くは性器に異常が生じるというのが特徴的ですが、中には性器以外の部分に症状が出るものもあります。感染がその性器にとどまらず、全身症状に至る性病はそれだけでも自覚症状が著しくて恐ろしいものです。必然的に病院に行かなければ耐えられないことも多いですが、他の病気と間違ってしまって我慢してしまう場合も

2019年08月06日
性病とくる病にはビタミンという共通点があります

性病とくる病には共通点があります。それは、共にビタミンが重要であるということです。くる病は、成長期において骨を形成するために十分な量のカルシウムが作られない状態で骨が曲がるといった事をはじめ柔らかくなってしまったり折れやすくなってしまう病気です。骨を成長させるために必要不可欠なビタミンDやカルシウム

2019年08月24日
性病の検査は献血でもしてくれる?

献血に行ってみると、エイズウイルスの元であるHIVがあるかどうかの検査をします。この検査を受ける理由は、汚染されていない血液を供給するためです。一般的な病気と違い、性病については、あまり知られたくないものです。そこで、献血に行ってHIVの検査をしてもらえばいいではないかと考える人も結構いらっしゃるそ

2019年06月25日